2015年11月27日

あれから一年

21日(土)〜23日(祝)の三日間、長野県の白馬の方で過ごしておりました。
白馬といえば昨年も同じ頃合いに訪れています。そして、あの途方もない地震を体験しました。もう忘れている方も多いと思いますが、その時のことはこのブログにも記しています。
大きな被害を受けた宿・木塵。オーナーの柏原さんはご家族・ご友人方と共に復興に向けて手を尽くし、その期日を「一年」としておられました。その一年が経ったのです。そしてあの時、あの地震に遭遇した面々に招待が届きました。
正直なところ、自分は原型作業が予定通りとはいかず、行けるかどうか覚束ない状況でした。去年同行したメンバーのうち、一人でも行ければ何とかご挨拶に欠けることはないかな…と考えたりもしたのですが、話してみるとどうも思わしくなさそうだったので。「誰か一緒に行くなら車出す」という一人の声を聞き、心を決めてお伺いすることにしました。趣旨のひとつに「あのとき終わりまで出来なかった模型合宿の続きを皆でやりましょう」というのもあったので、白馬でも作業はできるというのも大きかったです(´ω`;)

土曜の深夜に出発して4時間ほど。早朝、あの被災した場所に到着しました。そこには綺麗になった宿・木塵が。
PB210015.jpg
あらためて感慨深いものがあります。外観はあまり変わってなさそうな…と思ったのですが、去年の写真と見比べてみますと、全体として窓を小さくされた印象があります。
PB220002.jpg
ちなみにこの写真、去年は罹災後のあまりにも様変わりし過ぎた姿を背に帰って来た直後だったので、ブログにもupが躊躇われる写真だったのです。でも今、別の姿で立派に蘇ったので、こうして見比べてみるのも悪くないかな…と思えるようになりました。
前の木塵は窓が大きく山小屋風の趣がありますかね。屋根の配置は変わっていなさそうだったので、無事だった構造を活かしての復旧に当てられたのでしょうか。
ともかく、去年もこの宿はあの揺れの中、倒れずに皆を救ってくれました。だから外観はあまり被害を受けたようには見えず、それもあってか行政の判断も被害判定が小さく扱われたと耳にしています。実際には小手先の修繕では利かないような被害を受けていたので、外はまあこうだとして、果たして中はどうなったのか…と。入る前には心配もありました。
しかし完全に杞憂でした。
PB210003.jpg

PB210004.jpg
去年初めて訪れただけの宿でしたが、これはまさしく新正・木塵です。天井の梁も、ストーブのある場所も、食堂の机も。見覚えのある素敵な空間です。より暖かく強固に生まれ変わっていました。
PB210024.jpg
案内された部屋もすばらしい。野趣あふれる柱と綺麗なベッド、畳の間。三人くらいの宿泊かな。ここを二人で使わせてもらいました。

で、感動しているだけでは原型は進まないので…各地から戻ってきた面々との挨拶もそこそこに二階の広間で作業を開始したのですが、今回の木塵復活は地元やNHKの報道も四〜五社ほどやってきていて、大きなカメラや照明があちらこちらを巡っていて正直落ち着かない感ありました(´ω`;)いや悪気はないのは当たり前ですしむしろ木塵としてはこの目出度い日を広く報道してくれる取材は歓迎なんですけど! 
でも こちとら女の子フィギュアを切った貼ったしてる最中ですからね(´・ω・`)
「何作ってるんですか?(´ω`)」と訊かれるの、なんかつらい。
「楽しく過ごされてる姿を映してもよろしいでしょうか?(´ω`)」それもマズい。
いやちょっとマジ勘弁…こんなに取材来てるなんて思ってなかったよ…というのが本音。
という訳で、部屋の中にあるカウンター状の机に作業場を移し、WFに追われる二人組は部屋に篭もることになりました('A`;)すんません交流とか式典とか中途になってしまってホントすみません
しかしこの部屋作業がまた思いの外快適で、最高でした。
PB220028.jpg
写真では伝わりにくいかもしれないんですけど、大きな窓が北の山々に面していて、ちょっと視線上げると立山連峰が窺える訳です。晩秋の田んぼの平野と相まって実に落ち着く。こちらに移ってからは存分に作業に集中することができました。…まあ艦これもやってましたけどね…(´・ω・`)イベント中だからね仕方ないね
(ちなみにここでグラーフツェペリン出せました(を

一年前に罹災した22日には、時計の針を合わせる式と、22時8分のカウントダウンを皆で行いました。
IMG_2693.jpg
その時の様子。もう取材勢がすごい('A`;)
写真も数点あるにはあるのですが、ここに載せるに際して皆ぼかしやモザイク掛けになってしまうので控えておきます(´ω`;)賑やかに、和やかに美味しいお酒をいただくことができましたよ。
美味しいといえば食事も美味しかったなあ
PB220046.jpg

PB230058.jpg
また来たいな、と思ったのでした(´ω`)。

こうして…旅館・木塵はより快適になってパワーアップして見事に復活しました。模型にも理解のあるお宿なので模型合宿とか模型旅行で皆来るといいよ(´ω`)
posted by カフN at 18:36| Comment(0) | 模型塾&ねんど会

2015年11月16日

トレフェス神戸おつかれさまでした

もう一週間経ってしまいましたが、忘れないウチに更新だけは済ませておこうかと思いまして(´・ω・`)。
トレフェスin神戸7、無事終了しました。おつかれさまでした。

毎年前日入りして、大阪で一泊してから翌日神戸へという流れだったのですが、今回はイベント前日に大阪ねんど会が企画されてましたので朝からそちらへ参加しました。
PB070002.jpg
今年の二月に初参加しましたが、今回は日本橋ボークス8Fイベントホールでの開催。
作業スペースも広々としていて快適でした。トイレがないので適宜済ませる必要があるのですが(´ω`;)
ノリもだいたい普段のねんど会と変わらず。富山や関東で見かける面子も多かったですし
ねんど会の後の打ち上げは、翌日がイベント控えてるため公式なものは執り行われず。ただ何人かの塊になってそれぞれに軽く? 呑みやら夕食やらを思い思いに済ませました。
で、その後、これまた毎年恒例の猫鯖。
IMG_2676.jpg
ねんど会がない時はけっこう早い時間からお邪魔して、ここで知人友人と顔合わせて食事へ、という流れだったのですが。今年はご飯の後でちょっと遅い時間に顔を出したこともあり、もう座る場所を探すのも大変なほどの大混雑(゚∀゚)さすがイベント前日ディーラー過密!
figmaの1/12四号戦車などいじって駄弁ってましたが、そうこうしてるうちにまた後続がお店に押しかけてきてたので、短時間で退散(´ω`;)
さらに呑みへという流れだったのですが、ボクは翌日控えてるし既に食事も済ませてたたので、一人辞してホテルへ戻りました。呑むのも食べるのもこれ以上は正直キツかった('A`)みんな元気だ…
PB080003.jpg
本町のホテルに戻ってからも、軽く造型タイム。遠出したときもたいていこれなんです(´・ω・`)
今年の大阪はなんかホテル取りづらくなってたのか、早々に予約入れたんですがミナミの方や御堂筋線沿線で手頃なところが見つけられず。四つ橋線そば…といいつつ、けっこう駅から歩いた場所にあるホテルだったので大変でした。当日雨だし(´・ω・`)。
来年以降は値段との相談ですがJR東海ツアーズ一択じゃないかもしれない。というか来年参加できるのか? という話もありますが…。

で、翌日がトレフェス神戸当日。開始が11時と遅いため、大阪で一泊しても三ノ宮からポートライナーまで余裕を持って移動できるのが遠方参加者にはありがたい。というか大学までは大阪住みだったので、懐かしくもある三ノ宮です。サンボーホールとか国際展示場とか同人でもお世話になりました(´ω`;)

PB080004.jpg
今年の夏から導入したLED照明。どうも全景を写真に収めようとすると、カラーバランスや露光が滅茶苦茶でよい写真が撮れておりませんでした(´・ω・`)。
明るいのは目立ってよいことなのですが…写真は撮りづらかったでしょうか。
あと、このLEDの色温度を意識した塗装はできていないサンプルなんで、生気のない印象になってしまったかもですね。そうした指摘も受けました。
陽光・昼白色を前提にした塗りなのでそのへんは補正かけて見ていただく他ないのですが、灯りを点けたら点けたで難しいもんだなと思わされます。
今回は絶望少女の再販が四種類。艦これは再販できないですしトレフェスでは版権申請が通らないので、自ずとこうしたラインナップになります。関西初売りのこの夏の新作・カエレもあるにはあったのですが、全体として売り上げは予定数売れたので想定通りではありました。ただ、「これくらい(しか売れない)だろうな」が「その通りだった」という意味で、ある種の寂しさを新たにしたということでもあります(´・ω・`)。
絶望少女の中でも倫ちゃんと小森ちゃんは毎回少数ながら持ち込むとなくなってくれる、ボク的には大変ありがたい「優等生」。しかし今回感じた「勢い」からしますと、さすがにもう需要を満たしたかなと思えました('A`)もう作って何年も経ってるので当然といえば当然ですけども。
オワコンであることを追認してしまった感じがしております…。
なので来年は開催されても売るものがないかもしれず、遠征費用や準備の手間を考えても参加見合わせになるかなあというところです。まあ、来年になったら気が変わってる可能性も大ですが。
こうした今の感想を、忘れないうちに書いておきます。たぶん来年参加を考える時に去年どうだったかを思い起こすときに役立つ。
ま、なにはともあれ…
IMG_2680.jpg
良くも悪くも予定通りだったので、毎年恒例になりつつある神戸牛で最後は締めました。これを食べに来ていると行っても過言ではない(´ω`)
今回1Fで食べたんですが、焼き方は2Fのシェフの方が上手だったかもしれない(去年の記憶との比較
posted by カフN at 06:43| Comment(0) | イベント情報

2015年11月03日

トレジャーフェスタin神戸7参加情報

11月になってしまい、もう一週間を切った状態ではあるのですが('A`; ようやっと今週末のトレフェスin神戸の準備があらかた終わりました。告知のため情報更新です。
11月8日(日)開催のトレフェスin神戸7に参加します。ディーラー名「はこむす」 卓番号[Bケ07]です。

カエレhakomusu_013.jpg 千里hakomusu_010_4.jpg 倫hakomusu_005.jpg 小森ちゃんhakomusu_006.jpg


販売予定アイテムは「さよなら絶望先生」より:
関西初売り! 「あんまりジロジロ見てると訴えるよ」(木村カエレ) 7,000円
再販!     「散る散る・満ちる」(木津 千里) 6,000円
        「あなかしこ絶倫先生」(糸色 倫) 6,000円 
         「薄めの夏」(小森 霧) 7,000円

カエレ、千里ちゃん、倫ちゃん、小森ちゃん共に1/8スケール。
詳細は各リンク先の作品ページもご覧下さい。
※そのほか最新情報はブログ↓をご確認いただければと思います(ブログトップに更新情報)。

ツイッターでも情報載せて告知済ませた気になってしまってたんですが、いつもやってますからこちらでも(´ω`;)で…PC版だと常時固定でイベント情報載せられるんですが、スマホ版だとそうは見えないようなので、このエントリーで同一内容の告知となります。PC版で同じ情報が上下並んでるように見えたらすみません。

年に一回の神戸は、夏の新作の関西初売りにもなるし…と思って参加しておりますが、艦これはトレフェスじゃ版権降りませんのでおのずと絶望少女たちの新作か再版か、ということになります。よって今後どうなるかなー、というところなのですが、まあ。せっかくなので、今となっては手に入りにくい絶望少女を神戸でいかがでしょう…か… …(気弱
今回は新作のカエレに、いよいよ残1となってしまった千里ちゃん。それに再生産の倫ちゃん・小森ちゃんを持って行きます。小森ちゃんは今年の夏WFでもまだ欲しいと言って下さる方がちらほら居てありがたいことです('A`)ただ型が死につつありますのでさすがにこのままじゃつらそうなんですが…。倫ちゃんも冬以来の再版です。久し振りなのでよろしくお願いします。
値段ですが、正直付け間違えてるのがちらほら('A`)。これで申請してしまっていたので、このままとさせてください。(倫ちゃんが去年よりオトクな値段に…)
posted by カフN at 21:22| Comment(0) | イベント情報