2015年12月13日

北上さんの今

で、新作の北上さま。敢えて立体の少ない「改二」にした訳ですが、当人的にはけっこう気に入って作業してたんですが…どうも「写真を撮って見ればみるほど『前の方がよくね?』的な思いに囚われることが多くて結局写真がほとんどない」のです(´・ω・`)。
11月末に撮ったやつも、撮ってから足が長すぎるなあとか手が肩幅が等々気になるところばかり目に付いてしまい、けっこう大変なことになりました。ほんとは11月末で終わらせるつもりで、仕上げの段階で撮ったハズだったのに。それ見て修正始めてしまう悪循環。
「複製業者さんが埋まるのが早くなってる」という話も耳にしていましたし、どんなに遅くとも12月第一週、ないしは第二週のうちに出せないと断られる可能性もあるなあと、今回はほんとに焦りました。梱包途中でパーツを落として無くしかけたり、パーツを欠けさせて白目剝いたりもしました…。
それでも「本申請結果が出るまでは、まだなんとかなるかも」と思ってたんですが、今年はそれも早かった。結果が出た以上、待ち受けていた面々が業者さんに予約や発注を一気にかけるのも予想が付いたんで、絶望的な気持ちになりながら寝る時間削って作業に当ててました…。平日だんだんこういう作業を重ねるのがつらくなって来ましたです('A`)。歳か
11月末の写真がこれ。艤装は一通りあるんですが、この時期本申請以来特に手を付けてませんでした。
x14-021.jpg
今思えばこれはこれでアリな気がしますが、なんか、気に入らんかったんですよね(´・ω・`)
今は業者さんに出してしまい、原型手許にないのでまともに組み上がるかどうかも不安なんですが(を ま、まあ、寝ぼけていようと何だろうと自分のセンスを信じるしかないところです はい。

艤装の一部には例によって白船工房さんに発注をかけたパーツが付きます。そのテストショットなど組んでました。
x14-027.jpg
黒い方が紙厚0.25ミリ、グレーの方が0.35ミリ。もがみんやしおいちゃんに使ってたのは、組みやすさや強度を勘案して最適と思しきグレーの0.35でした。ただ、今回は21号電探や煙突のキャップなので、出来る限り薄さを求めて0.25ミリでいこうと思います。これで横幅約11ミリ。
一本一本の線の細さは写真よりも実物の方が感動します(゚∀゚)
posted by カフN at 21:26| Comment(0) | 北上さま
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。