2015年12月29日

ベースを作ります

北上さんとしおいちゃん、サンプルが業者さんの方から送られてきました。忙しい中でも早い(・∀・)今回も大阪の喜久屋さんに頼んでおります。
北上さんの仮組をざざっとやってみますと:
x14-030.jpg
このベースのL字パーツもキットには付属します。一番下の木製ベースは自己調達でお願いします。
ちなみに商品名は「カワイのホームクラフト飾り台P-14」というやつです。検索すれば各ホビー通販やボークスで取り扱ってるのが分かります。大きさ的に好みなのと、ちょっと手を加えると木目も美しい高級感が出せるのでよい品です。男子ならば中学あたりで木工やると思うんですが、砥の粉とサンドペーパー、ステイン(着色剤)にニス。
特にステインやニスは、以前は油性じゃないとなかなか…という材料でしたが、最近は水性でも実にいい案配です。
この写真のベース、どちらも水性を使っています。ニスの方は「アサヒペン つや出しニススプレー」です。
ほんとにいいツヤでますよ(´ω`)。

…さて。この北上さんが座ってるベース、作ってる途中からよく人に訊かれました。「なんですかこれ」とか「裏側はどうすんですか(´・ω・`)」とか。
個人的には岸壁というイメージでして、ほんとは半円柱の状態でキットに付けたいくらいだったのですが、流石に容積がひどくかさばりそうでしたので、こうなった次第です。結果的にショボい板状のパーツ二つが付くだけなんですが、まあこれを使って各自ベースを頑張ってもらいたいということになります(を
まずは自分でイメージ通りに作れるか、やってみます。どうせ展示見本を作らねばなりませんし。
x14-032.jpg
まずはパーツ自体をL字に組み立てて、半円になる部分はタミヤの5mmスチレンボードで適当に壁を作ります。
ムクにするよりはこの方が軽いし材料使わずに済みますし。
スチレンボードは低発泡のスチロール樹脂なので、カッターで簡単にカットできて容積も稼げるので、ダイオラマ作成にはスタイロフォーム同様に重宝しますね。この作例では、曲面を作るために1cm間隔で切れ込みを入れて、パーツの円周に沿うようにしてあります。

で、これを土台として、ポリパテやら粘度を盛り足して、表面を磨いて滑らかにします。
x14-042.jpg
ポリパテですが、120gチューブだと半分ほど余る感じでしょうか。左官屋さんのノリで盛り足していけばなんとでもなりましょう。コンクリっぽい気泡も所々に入って岸壁素材っぽくなります(を
ボクは、この曲面部分にはこれを貼りました。
x14-043.jpg
ビッグウィル社の「樹のシート」。木を薄くスライスしたシートで、裏には粘着剤が付いていますので簡単に貼れます。これで木目のある高級感を醸し出せるというもの。ハンズの木工エリアとかアマゾンで売られてます。
木目にしたのは、一番下のベースが木製だからという理由なので、他のチョイスであれば他のやりようもあるかと思います。貼った後は下のベースと同様にステインで色味を調整し、ニスを吹き付けます。

岸壁の方はフィギュア同様に彩色してゆく訳ですが
x14-036.jpg
干潮があるので色味を適当な高さで分けてやるとそれらしく見えるかな…と思ったんですが、正直これだけだとショボいので、もらった意見のうち「フジツボとか苔とか付けましょう」というのをやってみます。
タミヤパテを適当になすりつけ、半乾きのところで爪楊枝で小さな穴をたくさん付けてやるとなんとなくそんな感じに。後で、ハイライトにはつや消しホワイトを乗せてアクセントにします。
岸壁の下の方、木製ベースの面には、水面を擬してプラ板に深緑色やら青やらをブラシしてそれっぽく。
x14-041.jpg x14-040.jpg
ざっとこんな感じになりました。
後で情景素材の苔っぽいやつとか軽く使って見ようかなと思いますが、今の段階でもなんとなく岸壁っぽく見えるかなと思います(`・ω・´) つや消しクリアー(ないしはマットメディウム系)に粉っぽい粉末を混ぜて、テクスチャをアクセントに入れるのもアリかと。
フィギュア本体が塗り終わったら、水面も作りたいと思います。
posted by カフN at 17:20| Comment(0) | 北上さま
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。