2011年05月22日

シャーシも完成

ドライバ人形とかマフラーとか後付けでなんとかなるものは後回しにしてとりあえず一気に完成へ(・∀・)
シャーシは半日作業ですね。タイヤもハメコミ済だったのでそれほど大変な作業はなかった…と思います。
body27.jpg
ダンパーからのオイル漏れがけっこうあります('A`)組み方が悪いのかな…。正解を経験しないと善し悪しの判断が難しいんですよねダンパー部分は。

body29.jpg

フロントバンパーはRC Channelのオプション品。パッケージ絵さながらのアルミバンパーで雰囲気は充分ですが、タイヤガードにはなってないので気をつけないとフロントタイヤ障害物にヒットさせてふっとばしそうですね('A`)。まあ…障害物のない場所で走らせたいと思います…。

body30.jpg

後部のマウント箇所ですが、リアガードをRC Channelのオプション品にしてるので高さを確保すべくP14パーツとボディの間に3mmワッシャー五枚をかましてます。そうじゃないとリアガードとボディが当たるんですよね。当たっても、プラボディはそこそこ曲がってもへっちゃらなので、装着はできます。できますけど、ストレスがかかった状態になるのが厭なので、高さを出してみました。
そんなに違和感ないからこれはこれでアリかと思います。

電飾光らせる。…しかし現状、受信機の電源ONOFFとライトのONOFFが一緒なので、光らせようとするとアンプから警告音が鳴り続けるという('A`;)
body28.jpg

暗い部屋に置いてみて暗所撮影。
body32.jpg

外でも走らせてみたいなあ。いつになるやらですが(´・ω・`)。
posted by カフN at 18:22| Comment(0) | ワーゲンオフローダー

2011年05月20日

ホイール塗り

あらかた接着させられるパーツは接着にはいりました。仕上げをラッカー塗りに留めると決めた以上、引っ張ってても仕方ない。

ナンバープレート、リアライトのランプカバーを靴用接着剤(透明)で接着。
これ、硬化後はやや堅めのゴムになるので、衝撃に強そうな接着をしてくれます。かつシールも兼ねて…るつもり。

で、ほったらかしにしつつ、ホイールを塗ってしまいました。
ワーオフのホイールは昔ながらの3ピースABS樹脂製。ボディとは違う素材だったんで、ガイアノーツのマルチプライマー(ミッチャクロン)をブラシで吹いてからMAXベースグレー。そしてガイアノーツのスターブライトジュラルミンを塗ってみました。

ミッチャクロンはややべたつき感が残るプライマーで確かに素材と塗料の密着性を高めてくれてる感じがしますね。

tire.jpg

リアなんかはハメコミにえらく苦労したんですが、なかなかいい感じの輝きと色になります。
まあ本格的に屋外走らせてたら剥がれてくるかもしれませんが……(´・ω・`)。基本盆栽になりそうだからなあ
posted by カフN at 06:34| Comment(0) | ワーゲンオフローダー

2011年05月18日

ボディ塗装3

…連休後半にふと思い立って、今まで塗った青を全否定してタミヤのフレンチブルーで塗り直しました('A`;)
もう一度マスキングをやり直して、タミヤのスプレー缶から小ビンにストロー介して吹き付けて塗料を確保して、それをエアブラシで塗装。
ラッカー系なのにクレオスのMr.カラーとは色が混ざらなくて、何の芸もない吹きつけになってしまいましたが。
フレンチブルーってあんまり見かけない色だなあ、と思ってたんですが、フィニッシャーズのラッカーにはレーシングフレンチブルーてのがあるみたいですね。そっちを買えばよかったかもしれんです(´・ω・`)。
マスキングを5/7夜からやって、5/8〜9で塗装、マスキング剥がしてクリアー多層吹き。乾燥後にペーパーで研ぎ出し、さらにタミヤコンパウンド(粗目)でちょい力を込めて磨いて磨いて……で今に至ります。
その後、窓枠のつやけし黒をラッカーで筆塗り。いや、筆塗りでやれるかーと思ってたんですが、綺麗な線はこんなに長く引けないとすぐに気づいてまたマスキング嵐。リタッチも含めてイマイチ感が拭い去れなかったですが、まあ、なんとかしました。
という過ごし方をこの二週間弱こなして、今に至ります。
body23.jpg

body24.jpg

って端折りすぎΣ('A`)
最後、窓枠を塗る前、仕上げにウレタンクリアーを…と思ってたんですが、ウレタンの硬さを求めると曲げや衝撃でクリアー層が割れやすいと聞き、柔らかいウレタンクリアーだと爪を立てても傷が付く「これじゃない感」がひしひしと…という感じだったので。
割れにくくてそこそこ硬い…となると、ラッカークリアー(スパクリ3)が無難なんですね。硬いといっても、砂で擦り傷くらいは簡単に付くでしょうけど…。
ウレタンは選定が難しかったので、今回はラッカークリアーまでで終わらせることにします('A`)。転んだら終わりですなあ。

そもそもどれだけ走らせるか分かりません。盆栽レーシングチーム。
メッキパーツのバックミラーを今組み立ててますが、ゲート切り取り跡がまる見えで困ります。わざわざパーツ分割してる割にはゲート跡が隠れるような分割にしないのがタミヤさんでしたっけ? ('A`) 最近のバンダイ・ガンプラ系では考えられない感じですが、ある意味硬派です(?

ゲート跡が下に来るように左右貼り付けて、切り取り跡はガンダムマーカーのメッキシルバーでごまかしました(画像なし)。
窓枠は昨日塗り終わったばかりだったので、今日明日はとくにいじらず、頃合い見てあっさり系にエナメルでスミイレをしようかと。
あとはパーツ接着して電飾かけてボディ終わりですね。

…ドライバー人形やマフラーはこれからだった('A`)
posted by カフN at 06:59| Comment(0) | ワーゲンオフローダー

2011年05月05日

磨き込むべし(`・ω・´)

色が載ってからですが、ここからがまた面倒。
やや厚吹きにクリアーを吹く。光沢とつや消しを交互にかますと比較的早い。
で、乾燥してからは梨地になってる表面を目の細かめなスポンジヤスリやペーパーで磨く磨く…('A`)
大きいので時間がかかります。しかも走ったら壊れるだろこれ、とか思うとテンション維持が難しい。
つーかもう走れないくらい手間をかけてる気がする(を

body10.jpg

そうこうしながら磨き込んで、だいたい滑らかになったらやや薄めのクリアー(光沢)でジャブジャブにブラシ。これである程度までは光沢が…やっと…('A`;)。
このあとさらに細かいペーパー&コンパウンドくらい使っておくかー、というところです。
テールランプは説明書の指示通りに赤、オレンジをクリアーに置き換えて塗装。
ランプ内側には一応銀系の色を塗っておく。気休め程度の意味はあるようで…。
body8.jpg

ちなみにLEDは赤だから、オレンジ色の部分も色を載せてない部分もカンケーなく全体が赤く光ります(゚∀゚)
body11.jpg

けっこう明るい…。まあ視認性優先で。

フロントの方もメッキパーツやライトなど仮置きしてみると
body12.jpg

点灯します(´ω`)
body13.jpg

…今更だけどこれ全然「フレンチブルー」じゃないです('A`)。ガンダムの胸の青みたいな色合いですね。写真だとちょっと赤みが増してるような気がしますが…。フレンチブルーを買っておきゃ良かったかなと多少思ったんですが、ここまでやってしまったのでまあ仕方がないやと(´・ω・`)。
posted by カフN at 00:53| Comment(0) | ワーゲンオフローダー

2011年05月03日

ボディ塗装2

さて。いよいよというか、ワーオフの塗装の本番ともいうべきマスキング作業…。('A`)
苦手な人って多いですよね。マスキング大好き! っていう人はあまり自分の周りには見かけません。
自分も苦手つーか嫌いですが、作品作る以上避けては通れない。基本的なことは抑えています。

まず曲線部分はマスキングテープを細切りにして、境界面を追随するようにしっかり貼り付ける。
body3-2.jpg

で、そのテープ周辺を幅広のテープでマスクしていく…当たり前のことなんですが、これを丁寧に念入りにやらないとひどいことになる訳で…その割にはスプレー終わったら全部ひっぺがすし、やり直そうとしたらまたマスキングからだし…ほんとなんとかならないかなあと思いますよねこれ('A`)。
body3-3.jpg

body3-4.jpg

body3-5.jpg

紫のマスキングテープは大阪の猫鯖でマスターから購入したものです。タミヤのや3Mのより薄手なので面への追随性がよい。
その反面、ちょっと糊が強くて多いかもしれません。念入りに貼るとはがすときに糊が残りました。一長一短、最初に粘着力を落として貼るとか工夫が必要そうです。このマスク量だったので、そんな手間かけてられませんでしたが!(゚∀゚)
ここまで貼るのに5時間以上。夜が明けてしまいましたわ。

塗装は、タミヤの0.5mmブラシで。カラーはフレンチブルーっぽく調合した青で。具体的には、下地にコバルトブルー&スカイブルー&白少量、でやや暗めの青を作って全体を吹き、ハイライト部分にさらに白を加えたブルーで。
実際のフレンチブルーに比べると青みが強い方に振れましたが、ボクが製品情報やwebで見かけるワーオフの青ってこんなイメージだったので…。
body4.jpg

塗ったらテープを剥がしていきます。あれだけ苦労して貼ったのになー
body5.jpg

案の定はみ出たりもしたけど、まあ、そこそこ綺麗な方かも。自分にしては(を
ガタが出たところは、可能な限り面相筆でリタッチして修正かけました。この後、いったんクリアー吹いてスポンジヤスリで表面整えつつ、クリア(光沢)やスミイレ、デカール貼りと工程が続きます。まだまだだな。

…まだまだなんですが、雰囲気を確かめるべくライトを仮置きしてみます。
body6.jpg

点灯もさせてみる
body7.jpg

光を透過しなくなったのでそれっぽく雰囲気でるようになりましたかね(´ω`)電球色のヘッドライトがイイです
posted by カフN at 16:57| Comment(0) | ワーゲンオフローダー

ボディ塗装1

久しぶりの塗装。大物を作る時にと思って買っておいた0.5mmのガントリガータイプのエアブラシ(タミヤ)が役に立つぜ(`ー´)

…で思ったんですが、もう少し太いやつがあった方がいいかも。
さらに言えばラジコンのボディの下地だったらスプレー缶の方が早いかも、という当たり前の? 結論でした('A`)。でもまあ比較的ムラなく塗れたと思います。

グレーサフの後、MAXベースグレー。
「いまどきMAXもねえだろ」とか失笑されそうですが、このグレーは隠蔽力が高いのと濃度が適切でグロス調に乾燥するので、下地の状態をチェックするのにも役に立つと思うんですな。
下地は、グレーサフ後でぱっと見は問題なくても、ベースグレーを吹くと梨地になっちゃってる部分が案外多いので、そういう部分は目の細かいスポンジやすりで整えつつ再ブラシ。
body.jpg

…とはいえ、大物だとメンドクサイ面積なんで、ある程度やったら割り切りです。
細かい傷はまだまだたくさんあるんですけどもういいや、と性格が出ます('A`;)

次にガイアの白サフ。最近出たやつで、こいつの隠蔽力はなかなかです。くいつきも良いし、サフ効果で細かい傷は埋めつつしっとりとした表面を作ります。

body2.jpg
…しんどい('A`)。
でもプラの透過を完全に除外したボディはなんというかそれだけで「プラっぽくない」感が出て来ますよね。
ここまで来たらだいたい下地としては終わりで、少し乾燥(二、三日?)待ってマスキングしてスカイブルー系の青を塗るだす。
にしてもこの季節で良かった。部屋の窓全開にしないと、とても耐えられないシンナー密度になります…。
posted by カフN at 16:44| Comment(0) | ワーゲンオフローダー

2011年04月30日

ワーゲンオフローダーの電飾

昔ながらのタミヤのラジコン。プラスチックのボディはかなりの精密感(´ω`)。
どうせレースなど出る訳もなく、重量も相当な車両なんで、実用本位で改造しようと電飾してみます。
ライトは夕方や夜走らせる時に位置が分かりやすくてよいのです。この歳で明るいウチからラジコン走らせられる場所って限られるんで…('A`)。近所のグラウンドならやはり夜にこそっと行くのが関の山。

led1.jpg

ヘッドライトは電球色のLEDで。最初白LEDで作ってたんですけど、やっぱりこの頃の車なら電球色じゃないかなあと思ったので。
かなりの明るさのLEDみたいです。

これをハンダで抵抗やらコネクタ類とつないでやって、
led2.jpg

5mm径の穴を通せるようにしたライトパーツ及びフロントマスクに通してスイッチオン。
led4.jpg

led3.jpg
なかなかよさげです。電球色はけっこう同じ製品でも色つきにバラがありました。今回複数個買って、試しに光らせながら似たような色合いだった二個でライトにしています。左右で色合いがビミョーに違う、というのも、ひょっとしたら実車らしい? かもしれないですけど気になったので…。

led5.jpg

テールライトは3mmの赤色高輝度LED。ランプカバーは不要パーツを活かすカタチで改造してやるとそれだけでしっくり来るテールライトに(´ω`)。こういう、手をかければかけただけの甲斐がある構成って嬉しいですね。
(ちなみに素組だと、テールライトはクリアパーツではなく白ムクプラスチックに塗装をするだけというせつなさ('A`)強度的にはそれが望ましいのかもしれませんけど…)

電飾のメドがついてきたんで、このGW中に塗装に取りかかれればよいかな?
posted by カフN at 00:29| Comment(0) | ワーゲンオフローダー

2011年04月27日

ラジコン

4月になっていくつかラジコンとか買ってそれも作業してたりして(゚∀゚)

offroader1.jpg

ワーゲンオフローダー! ボクが子供の頃にはとても手がでなかったキットです。
まあ今でも手を出していいものかどうか悩んでたんですが……。いつなくなるかも分からなかったのでとりあえず買って、買って開けてみたら作りたくなって、というよく在るパターン。

とりあえずライトは電飾だーと
offroader6.jpg

LEDをつけようとしています。

ユーモラスなデザインですけどこれでオフロード走るのって面白そう。
といいつつ、ほとんど外で走らせることのない、いわゆる「盆栽」的な作り方をしそうですが(´・ω・`)
今のモデラー技倆でこのボディをどこまで仕上げられるかという話でもありますね。
とりあえずウレタンクリアーなどは買ってみました。いつ仕上がることやら…
offroader7.jpg

posted by カフN at 07:08| Comment(0) | ワーゲンオフローダー