2014年07月27日

成し遂げましたヽ(`Д´)ノ

千里ちゃんの取説作成終わりました。すげえな自分( ゚д゚)まにあった! しかし準備しながら思ったのは、結局イベント前にバタつくのってイベントにしらふで参加できるかヽ(`Д´)ノってマインドなのかもしれないです。売れない時間帯とかつらいですからね。意識をなくしたいんでしょう(を

あと値札を作ったり提出サンプルの梱包とかあるんで結局一睡もしないまま会場入りして準備しながら空き時間でうつらうつらすることになりそうですが!
kicchiri_093.jpg

千里ちゃんの紹介ページ作れてなかったりとか動画作れてないとか、やれてないことはたくさんあるのですけど。販売物に欠けるものがなくなったということで及第点としたいです('A`;)

それでは本日、よろしくお願いします。
posted by カフN at 03:50| Comment(0) | 木津千里

2014年07月26日

これから仕上げ('A`)

ワンフェス前日なんですが新作千里ちゃんの取説は今のところまだ影も形もありません。
しかし今回はなんとかイベントに間に合わせようと思っています。
kicchiri_091.jpg
下絵は済ませたのでこれから線を仕上げて表紙絵には色をつけて編集して印刷して組み立ててば終わりです。
あと半日あるのでなんとかしたいです。するしかない。
posted by カフN at 12:02| Comment(0) | 木津千里

2014年07月22日

パッケージとか

作ってる時はいろいろ判断や感覚がおかしくなってきます。
毎度恒例のパッケージ組立。リミット的にもイベント一週間前の週末に友人の強力な助っ人を得てなんとかしてしまうんですが、助っ人に対して「パッケージの組立を今回も手伝って欲しい。今回は40個弱だから一日で終わると思う(´ω`)」と伝えておりました。

…今まで、ふたりがかかりで二日で60個が実績なんですよ(´ω`)。一日で30個が限度だというのになぜ40個弱なら一日で終わると判断していたのか。素で気づいてませんでした。
このカフNの頭の事態を重く見た友人は何も突っ込まずに「分かった。出来る限り早く着くようにする」と了解してくれて、三連休の最後の一日、午前中からパッケージ組み組みモードでした。といっても、氏が着いた時には風呂から上がった直後で部屋の片付けも未了、足の踏み場もない状況だったといういろいろゴタゴタしすぎだろうというシチュエーションでしたが('A`;)いやはやお恥ずかしい醜態。
そもそもパッケージのデザイン自体を日曜日半日で済ませてしまわざるを得ない状況で、もうとにかくまたしてもカツカツでした。
kicchiri_085.jpg

これが今回の千里ちゃんパッケージデザイン。イメージとしては花札の「花見」です。花の変わりに血痕をあしらえ、絶望先生でよく使われた血痕表現=日本地図を濃い赤でそれとなく置いてあります。幕には作中のシチュエーションである「市民プール」と入れて、んー、黄色成分が足りないなあ、と短冊は黄色にしました。文字はもちろん「きっちりせよ」です。
…と、わざわざ解説を入れないと分かってもらえないであろうという自覚が出るほどごちゃごちゃとしてどうかと思える内容ですが、時間がないので吟味もできずにこのまま決行です。
家のインクジェットプリンタで、クラフト紙がコートされているボール紙にデザインを出力して組立。このへんはこの冬もやっています。パッケージのサイズはまといちゃんと同じ。この先も続けば、ですが、このサイズをデフォでパッケージしたいかなと思っております(´・ω・`)。
kicchiri_086.jpg
夜になってパッケージ組立はなんとか終了。クラフト紙に印刷するとちょっと黄色がかってそれだけで味わい深い質感になるます(´ω`)。

出来上がったパッケージにはナンバリングを施して、量産済のパーツを詰め込んで発送。
取説やデカールといった、かさばらないものはこの最後の数日で作り込みをしてイベントに突入します…
posted by カフN at 19:38| Comment(0) | 木津千里

2014年06月22日

もうひと仕上げ('A`;)

最近ブログの更新ペースが落ちています´・ω・`)
あるていど見せられるものになってから…と思っていると、なかなかその段階に至らず時間だけが過ぎていくという例のアレです。

できたら千里ちゃんの聖誕祭(6/15)にうpできるくらいのペースにしたかったんですが一週間遅れ。しかもまだ終わったとは言い難い。なんとかこの週末から量産型を作り始められるように、と作業中です。

kicchiri_046.jpg kicchiri_047.jpg

kicchiri_048.jpg kicchiri_049.jpg

だいぶまとまってきたかな、と。目指したのは元絵の猟奇モードの雰囲気と元々の「真ん中分け美少女設定」との両立…。コワカワイイ?
あと身体のラインをしなやかにしたかったです。なんというか胸に頼らぬ造け

ドサッ


ええと顔パーツは三種類付けようと思っています。大きく変えるものではないですが、歯まで作った顔と普通の笑い顔と魚目デカール用のやつで。
kicchiri_050.jpg

ちょと分かりにくいかもですが犬歯見せてニッとしたやつが↑これです。歯をちゃんと作った造型はあまりやったことがなかったので、これはこれで面白かった(´ω`)

kicchiri_051.jpg

パーツは全部で11。たいした数もなく、マスキング箇所もラクなんで作りやすいのではないかなと。
腕の分割ラインは水着に合わせました。ここでカットすればいわゆる「謎の腕輪」はつけなくてよいのです。以前水着フィギュアでこの分割見て「すげえ!」と思ったことがあって、いつか自分もやってみたかった(´ω`)

…などといいつつまだ磨きもディティール追加も不完全なので(汗) がんばります('A`)

posted by カフN at 15:17| Comment(0) | 木津千里

2014年06月05日

千里ちゃん(´ω`)…

時間ないのでほぼ写真のみの更新('A`)
kicchiri_044.jpg kicchiri_045.jpg
試行錯誤というか四苦八苦が続いてます。ようやくまとまってきたかも。
パーツ分割の状態とか今日帰って来てからupしようかなと思います。

…ヨコからみては哀しいフィギュアでしょうか(´・ω・`)おっぱい占いのAカップバストよりもない(を
posted by カフN at 08:14| Comment(0) | 木津千里

2014年05月01日

5月になりました('A`;)

5月になりました。本申請〆切まであと一週間ほど。連休後半で水着をモールドして本申請後に分割に着手したいイメージでおります。
kicchiri_030.jpg
スコップですがディティールを追加してこうなりました。取っ手の部分は原型片側を切り裂き型で複製して貼り合わせて整形。ってこのことブログに書こうとしてやってないや('A`;)。
4末時点でざっとこんな感じです。
kicchiri_031.jpg 
kicchiri_032.jpg 
kicchiri_033.jpg 
kicchiri_034.jpg 
kicchiri_035.jpg 
kicchiri_036.jpg
ナイチチ放送局です(古い
この先の話ですが指先の表情とかお腹のラインとかはもっと微妙な隆起をつけたいと思っています。それが大事。出っ張りなんか必要やないんや。
posted by カフN at 07:27| Comment(0) | 木津千里

2014年04月23日

万能スコップ

5/8〆の本申請に向けて、パーツを一通り作ってしまう必要があります。
という訳で本体がまだまだまだまだイケてないのは百も承知で('A`)小道具にも手を付けます…。
スコップ。
kicchiri_018.jpg
まずはサイズを把握したかったので、絵を見ながらボール紙で切り抜いたものでサイズ調整。だいたいこんな感じかな? と思いつつ、スコップ部分を切り詰めたり、柄を短くしたり。これでだいたい大きさを掴みます。
で、今回は…こんなシンプルな形状だったらデジタル原型の練習にぴったりじゃね?(´ω`) と思ってハードウェアとか入門書とか準備してたんですが、結局シンプルすぎるくらいシンプルだから手でやった方が早いだろ、と…。

最近は艦これなどでフィギュア系の人もキッチリカッチリした艤装を作らなきゃいけない! と苦しんでいる方もいらっしゃる模様。かっちりしたパーツは基本的に「図面を引いて(三面図)」「原寸通りに(プラ板やポリパテムクから)パーツを切り出して」「組み立てる」というその作業の連続。どんなに複雑な形状でもこの繰り返しでこなす訳です。
という訳でまずスコップの図面を引きました。
kicchiri_019-.jpg

中心線引いて、ボール紙で切り出したものをゲージにしつつ半分だけ書く。のこり半分は反転させりゃあいいので。このへんはデジタルと大差ないか。ただやりかたは超アナログで、今回は紙に書いたのをスキャナで取り込んで作りました。その手の編集なら同人誌作りでアホほどやってる手慣れた作業なので…。
kicchiri_019.jpg
これをプリンタで出力。
kicchiri_020.jpg
もっと複雑な立体なら、ヨコからみた図や別の面から見た図も揃える訳ですが、スコップはこの一枚で充分でしょう。ライトボックスで透かして、白プラ板をけがいてパーツを切り出します。…イラレでパス引いてクラフトロボでカット、でも良かったんですが。あまりに単純な形状なんでそれすらめんどくさがりました。
kicchiri_021.jpg
切り出したパーツは本物のスコップの写真など眺めて曲げてやります。曲面がある部分はパテなど盛り足せばOK。
kicchiri_022.jpg
kicchiri_023.jpg
足をかける場所はフチの加工がされてるので、ここにはエナメル線を張ってそれらしいラインを模してみる。
握りの部分は片方だけ作って、シリコーンで複製してしまいます。このへんは手間といえば手間ですが、切り裂き型ならシリコーン流すだけなんでそう大変ではないです。このへんもおさらいを兼ねて後日別エントリで書いておこうかなと思います。

しかし去年は学校机を図面引いてスクラッチしてましたが、今年はスコップ(´ω`;)。そういや一昨年はたらい作ってました。みんなアナログというかアナクロな技法で作りましたが、身体のラインを追及するフィギュア作りとは別の面白さや工夫のしどころがあって面白いです。
posted by カフN at 01:18| Comment(0) | 木津千里

2014年04月18日

ライン

身体の線がだいぶできてきた感。
kicchiri_017.jpg
ただ単に「板」という訳でなく、肩や上腕に隆起を盛り込みつつ、手足はいわゆる久米田ラインを出すイメージで。
そろそろ本申請が来ますんで、これからスコップも作ります(´ω`)
posted by カフN at 07:50| Comment(0) | 木津千里

2014年04月11日

歳月人を待たず

♪Time waits for no one〜、Time waits for no one〜

「時かけ」のこのフレーズを思い出さずにいられません。もう4月も半ば。今年が始まって1/4はとっくに過ぎているという( ゚д゚)
千里ちゃんですが日々これ成長。手も付けておなか周りの肉付けも微妙なラインを修正してみたりでこんな感じに。作中でも「貧相な女体」と先生に言わしめたラインにこだわりたいです(スコップでやられる
kicchiri_011.jpg
全体の雰囲気はこんな感じで、あとスコップとプールサイドの床を付けるかなあというところ。本申請まであと半月ほど、GWは人並みに出掛けるくらいはしたいのでカチカチ進めたいと思います。きっちりさんだけに(`・ω・´;)

で、アルミ線で首をつないでますんで、
kicchiri_012.jpg
こう、首をものすごい角度に曲げられるようにもしたいなあと。
同じ笑顔でもオソロシイです。
posted by カフN at 07:48| Comment(0) | 木津千里

2014年04月08日

きっちりしない(´・ω・`)

4月になりました! っていうかもう8日です( ゚д゚)はやすぎ!

千里ちゃん。日記を振り返ると前回のうpは2/19でした。一ヶ月以上開いた現状はといいますと:
kicchiri_006.jpg kicchiri_007.jpg

まあ、まだまだです(´・ω・`;)千里ちゃんの特長である対照形にはほど遠いんです(目指すんか)
ポーズ的にもう少し身体のラインをこなれた感じにしてから腕を作ろうかなと思います。
あと肝心なスコップをどうしようかと。デジタル原型の入門にはもってこい的な形状じゃないかと思うので、試してみたいかなあとは思うんですが…。
posted by カフN at 08:12| Comment(0) | 木津千里

2014年02月19日

こんな多角形だっ!

2/17は久米田先生の連載中作品「せっかち伯爵と時間どろぼう」単行本一巻が発売された日でした。自分は昨日入手したのですが何だろうノリが先祖返りしてる感覚?(´ω`)
あと思ったよりもエロ路線でした(を
これでも応援しております一応…

     %     %     %

まといちゃんの取説やってる傍らで、やっぱり立体の方もいじりたくなっていて、着手していたりなんですが
kicchiri_001.jpg

まだまだひどい状態で写真うpも憚られるんですけども、まあ記録がてらと思いまして(´・ω・`)。千里ちゃん…のつもり……('A`)
夏向けだし着物で苦しんだので今回は身体のラインを追及してみようと思います。水着にしようかなーと。
あと絵柄的には後期型を目指しています。具体的には19巻、キタネエ登場回のやつです。改めてチェックしてみますに初めてヘッドバンド付けて登場した回のようですね。これ以降千里ちゃんは真ん中分け+ヘッドバンドがデフォになります。
表情やポーズは「夜の多角形」を参考にしてみようかなーと思うんですが、この組合せは善し悪しがどうなるか自分でも分かりませんのでちょっとやってみよう的な状況です。「お前アホかあ。」のところです。

…うまくいくかなあ(´・ω・`)
posted by カフN at 07:26| Comment(0) | 木津千里