2014年08月02日

富士山登山

このブログ的にはものすごく唐突だと思いますが、ワンフェスが終わった翌週、富士山に登って来ました。
P7300316.jpg

世界遺産に登録されて注目を集めるようになっていますが、元々登ってみたかったですし、乗ってくれる友人が居てくれたのと狙ったタイミングで山小屋に予約が取れたこと、等々タイミングが重なったので今年実現した感じです。

富士山は標高4,000m近い山としては登山道も整備されていて登りやすくなっている印象があります。「登りやすい」といっても大変なのは覚悟の上で、下調べして装備の準備をし日頃から職場ではエレベーター使わず階段で行き来したりして準備を整えました。
週末ランナーをもう何年も続けてはいるんですが、ここ一ヶ月以上ワンフェス準備に追われてまともに走ってなかったですから(´・ω・`)
カメラはOM-Dを首からぶら下げての登山となりました。他の候補としては現在メイン使いの6Dですが、フルサイズのカメラを持ち歩いて初の富士山はちょっと怖いなと。OM-Dならばコンパクトにして写りは本格派でコンデジやiPhoneよりもよい絵が持ち帰れるだろう、と思いました。OM-Dの標準キットレンズは防塵防滴なので多少の天候の変化にも耐えられるだろう、という予想もありました。

結果的には予想通りといえます。壊すこともなくよい絵が撮れました。と思います('A`;)。

P7300114.jpg
ルートは山小屋が途中に多く初心者にも登りやすいとされている、山梨側の吉田ルートを選択。五合目までは自動車道が整備されているのでリムジンバスで往復できます。いきなり2,000m超の地点から登山開始な訳です。
五合目〜六合目までは少し下りになっている部分もあり、道も小さな砂利道という感じでホコリっぽくはありますがなんということはありません。これはよく聞く話。
六合目からが本格的な富士山登山というノリになってきました。赤富士と言われる通り富士山の赤い、礫だらけのゴツゴツした山道です。
七合目〜八合目は岩登りっぽくなり、斜面も心なし急になりました。手を使いながら登った方が楽なくらいの道になります('A`;
P7300265.jpg P7300295.jpg
時間帯的にこのへんがちょうど八合目前だったかな。雲海を突き抜けて天空の山道です。雲海なんて飛行機に乗ればいくらでも見られる時代ですが、肌で風や雲(というか霧ですが)を感じながら眺めるのは感慨深いものがあります。青空が綺麗です。

一日目は17時頃に到着した八合目の元祖室という山小屋に一泊し、そこで5時前の朝日を拝みまして、その後山頂を目指しました。
P7310348.jpg

ちなみに元祖室から山頂で日の出を拝もうとすると、出発はなんと午前二時前。山道は当然真っ暗ですのでヘッドライト必携ですね。まあこれも富士山登山を知っていれば当たり前の話ですけど、なかなかハードワークです。いずれはやってみたい気もしますが、今回はこの元祖室あたりが一番キツかったです。高山病で頭痛が始まっていて(後頭部、延髄周辺に鈍痛が広がる感じ。風邪っぽいというか…)、山小屋の中はぎっしりと人が詰まった状態で身動きも取れない。いびきは各処ですさまじく(笑、まあ過酷な条件が揃ってますね。翌朝は食欲が湧かずに軽くカロリーと水分を摂取してそのまま山頂行きとなりました。
陽が出る前は夏とはいえ気温は10度を切っていて、かなり寒いです。防寒具としてレインウェアを着込んでのリスタート。
P7310367.jpg

殺風景ですよね。八合目から仰ぎ見ても山頂ははるか遠く、という感じです。道は大小の礫に覆われ、踏み込んでも滑る感。小さな歩幅で一歩一歩ゆっくり登ります。
P7310369.jpg

雪もまだ残っていたりして。
P7310385.jpg
で、山頂。霊峰ですから山頂に神社があります( ゚д゚)すげえ
ここで木製の杖(金剛杖)に刻印を押してもらいました。
P7310388.jpg
日本一高い所にある自動販売機の缶ジュースのお値段は400円〜500円。まあ、自分で水を1.5〜2L分持ち歩けばお世話になる必要はないでしょう。
ここで食べられなかった朝の弁当を食べて、しばしの休憩。
P7310393.jpg
山頂に着いたのが9時頃で、雲はなく紫外線の強烈な陽射しが苛烈。気温は低いのですが陽が出てるうちは寒くないというそんな状況。そして時折発達した雲が陽射しを隠したりもする。ものすごい迫力でした。

そこから、「お鉢巡り」と呼ばれる山頂一周ルートを歩いてみました。
P7310430.jpg
富士宮口側にある郵便局。ここから記念のハガキやら出してみるという趣向ですよね(´ω`)しかし精神的に余裕がなくて使いませんでした('A`;)山頂に辿り着いてからさらに一時間半ほど歩くというのはけっこういっぱいいっぱいです…。
P7310431.jpg
これは御殿場口の下山道、有名な「砂走り」のスタート地点の看板です。ガンガン走り降りていけるらしいですね! 足腰がしっかりしてたら楽しそう!(゚∀゚) でも普通の人は下りの足はかなりキテるのであぶないんじゃないでしょうか。どうなんだろう。「一歩三メートル」てどんな重力圏の世界だ。みたいに思いました。
ちなみに富士山は全体的に赤い岩や礫で覆われていて、地球上とは思えないような錯覚を覚えました。写真でしか見たことないですが火星みたいな感じ?
ともあれ、今回は登りが吉田ルートなんで下りも吉田ルートしか選べません(吉田の方まで友人の車で来てるので)。電車やバスで移動してれば、登りと下りを別ルート設定するというのも可能でしょうけれども初の富士山登山ではそれもちょっと怖いですからして(´・ω・`)
P7310442.jpg P7310446.jpg

富士山火口です。なんというか「グレートジャーニー」というキーワードが頭に浮かびました(なんだそりゃ

あー地球を旅してんだなーという感動。
二枚目の写真左に写っているのは、かつて富士山レーダーがあった気候観測所。一番高い剣が峰に設置されていたんですね('A`)造るのも維持するのも観測も大変だったろうなあ…。
P7310451.jpg P7310454.jpg
その剣が峰にも登って、ついに日本で一番高い所にも到達してきました。
しかしここの斜面がエクストリーム級の難易度で、疲労も嵩んでる時に滑りやすく感想した礫道、今までにない急勾配。カメラを片手に抱えながら登ってたら一回転びました(´・ω・`)カメラは守りました。

で、ぐるっと回ってから、下山した訳です。
下山は少しはラクなんだろうかと思ったんですが、これがとんでもなかったですね。下手に重力に逆らわずに勢いで降りた方がラクなのは分かってたんですが、吉田口の下山道は大半が登るときにも苦労したような礫道が延々続いていて、柔らかいかといえばけっこう硬くて滑りやすく、御殿場口の看板に書いてあったような大胆な歩幅は到底ありえないような道でした('A`)
これを三、四時間延々と下り続けるのですからかなりのハードワーク感。やはり簡単な山ではないですね。
とはいえ貴重な経験ができて面白かったです(´ω`)
タグ:富士山
posted by カフN at 09:48| Comment(0) | 日常・その他

2014年07月22日

伸び悩み(´・ω・`)

ここまで作業が進むと販売については何とか目途が立った(´ω`)…と思う反面
「売れるのかこれ…('A`)」という不安が頭をよぎったりします。
あれやこれやの手段で告知しても販売前の評価なんて元々掴みにくかったりしますし、正直フタを開けてみなければ分からない感が強くて、後はもう開き直って邁進するしかないんですね。
[fg]が全盛の頃はポイントを励みにすることができたんですが、もう今やさっぱり。
代替としてのtinamiモデラーズハイという模型SNS(ないしは、模型向けにSNS機能を提供してくれているSNS)もあるのですが、どうもぱっとしないんですね(´・ω・`)

いやぱっとしてないのはオマエの出来が相応だからだろう、という話もあろうかとは思うんですが、んー。本人はいつもと同じにベストを尽くしてるつもりなんだけどなあ。いつにも増して千里ちゃんは伸びないですね(´・ω・`)
TINAMIでは投稿を重ねるに連れていただける応援が少なくなっていくことに気づき、さすがに絶望先生で引っ張り続けるのは難しくなってきてるか…と、ある種の覚悟が強まってまいります。どこかで終わりは来るものですからそれも仕方なし…とはいえ。
千里ちゃんが不人気だとは思ってないのでとなるとやはり出来か。出来なのかあ('A`;)
kicchiri_087.jpg
けっこう雰囲気出てると思うんだけどなあ(´・ω・`)。
ここ数日この「魚の目顔」で置いてあるのですが、なんか一番千里ちゃんらしく思えてきました。
posted by カフN at 20:13| Comment(0) | 日常・その他

2014年07月20日

色を乗せまして

WFまで残すところあと一週間になってまいりました。
だいたいこの週末までに完成サンプルが出来ていないとWF参加者の目に触れないことになりかねないので、ここはジットラライン。突破されてはいけません(…突破されるんじゃないのかその呼称)
ではマジノライン(やはり抜かれてしまいそうな(´・ω・`)

閑話休題。千里ちゃんになんとか色を乗せました('A`;)。
kicchiri_077.jpg

これが「正統派真ん中分け美少女」としての千里ちゃん。正統派といいつつ後ろ手にスコップ持ってる時点で既にどこかズレ始めてますが…。
ちょっと上目遣いで恥ずかしげにしてる感じがしていいかな、て思いました(´ω`)そして繰り出されるスコップ! なんですけど

水着の☆の柄は、「絶望先生」第百九十話「散る散る・満ちる」の千里ちゃんの水着柄です。色はアニメ版のに準拠しました。ちなみに百九十話は後期、千里ちゃんがヘアバンドを常用しはじめた回、のようで、それならば全体的に「後期バージョン」の千里ちゃんにしようとヘアバンド、目の星の入り方は後期に振ってみた…つもりです。ポーズ? は第百五十七話「夜の多角形」でスコップをカランカラン鳴らしてゆらりと歩いてくる千里ちゃんから持ってきました。そんな合わせ技で構成しております。
kicchiri_080.jpg
↑デカール。インクジェットプリンタ&「ミラクルデカール」で作成しておりますが、マークソフターを駆使するとけっこう綺麗に密着してくれてよかったです。この柄を手で描くくらいなら柄を省略してしまいますもんね(´・ω・`)。
そして、表情については、もう二種類用意できてます。
kicchiri_078.jpg
↑この表情は「夜の多角形」バージョン。いい感じに殺ってくれそうですね。千里ちゃんならこれもハズせないだろうと思って。ただこれだけだとちょっとコワイしコワイだけじゃなあ、と思って美少女顔を作った感じです。
となると、この顔も外したくないなあと思って、もう一種類作りました。
kicchiri_079.jpg
↑ちょっと適当入ってますが、いわゆる久米田先生の描くところの「魚の目」版千里ちゃん。おまけみたいなもんですが、ときどきこうしておきたくなるような…。髪の毛パーツに軸打ちして接着せずにつなげば、気分で表情は交換できます。
kicchiri_083.jpg

kicchiri_081.jpg
↑顔も多いですし瞳とまゆはデカールを作りました。まゆについてはこの作例はマスキング&ブラシで塗ってますが、思いの外左右綺麗にそろえるのと三種類分の顔マスキングが面倒だったので。これならデカール作った方がよいだろうと急遽追加。「魚の目」の方も、MDプリンタでデカール作成しておりますのでご安心ください。
なお白二重を忘れてしまい、ちょっと白味が弱いですけおまあ大丈夫でした。

kicchiri_084.jpg
小道具系。床はプールサイドのイメージなので、アニメ版のカラーリングを元にこんな感じ。
キッチリスコップは軸に真鍮線が通ってる状態なので簡単に曲がりません。
持ち手はベースグレー→艦底色→シャインレッドでいい感じの色になりました。
kicchiri_082.jpg
↑ヨコから。個人的にはこのラインは思ったよりもけっこう好きで、いやだから作ってるんだろってな話ですが、好きな人にはたまらないと思うんですよね(何がだ('A`;「もう少し盛ってやれよ」とか「かわいそうじゃんよ」とかいう声も聞こえてきそうですがむしろそれは魅力なのだと千里ちゃんにもお伝えしたい(そして殺られる

さて…これからパッケデザイン、来週以降は取説をえいやで作ります。間に合うか?
posted by カフN at 08:46| Comment(0) | 日常・その他

2012年09月10日

遅い帰省

今年はこれからちょっと遅めの夏休み(´ω`)。先週末は実家に行って、昨日は大阪経由で遅くに東京に帰ってきたところ。
IMG_0602.jpg

青がほんとにきれーい(゚∀゚)。オリンパス・ブルー。
今回はOM-Dを小旅行のお供に連れて行きました。レンズは標準。
等倍で解像度を確かめる、的な用途でなければOM-Dのセンサーとレンズは十二分の絵を出してくれてる気がします。
実家の方は本当に田舎って感じの光景で。一日、軽く散策してアートフィルターブランケットでバシバシ撮ってみました。
IMG_0771.jpg 

IMG_0779.jpg 

IMG_0789.jpg 

IMG_0864.jpg 

IMG_0899.jpg 

IMG_0978.jpg 

時が止まる感じ…。十年一昔などという言葉がありますが、十年どころか二十年三十年変わらぬ風景な気がします(´-ω-`)
ただ両親は確実に歳を重ねていて、ああ、老けたなあと改めて思ったり。いや自分も老けてってる訳ですが(´・ω・`)。
実家に帰ると「このままでいいのかいな」といつも思わされてしまいます…


実家では都合二泊して、帰りしな大阪に寄って猫鯖にも顔を出してきました。それは別エントリーで書きます。
タグ:om-d
posted by カフN at 14:48| Comment(0) | 日常・その他

2012年08月12日

夏の午後

コミケ三日目。サークル参加する訳でなし、となると、足も遠のくのですが、主に人にブツを引き渡しに行くという目的のために午後から行って来ました。OM-D持って。

手を抜いて45mmF1.8だけ付けて出かけたのですが、会場に着いてからは結局ほとんど撮らずじまい。そんな気分じゃなくなってたというか…。暑かったですね('A`;)

道すがら、何枚か撮ってたので、そのうちの一枚からこんなものをこしらえてみたり。
IMG_0394+.jpg

「リーニュクレール」はなんというか、文字を載せたくなるんですよ(´ω`;)。そのまんまチラシとか雑誌の広告にできちゃうんじゃね? みたいな。
ただ苦手もあるようで、入道雲撮ったら輪郭もへったくれも出せなくて、実に面白味のない絵になりました。こういう樹々や木の葉系はイラストっぽくしてくれていいですね。

ビッグサイトでは象徴的なこの建物だけ撮ってきました。この距離じゃないと換算90mmでは入りきらない。
IMG_0447.jpg

シャープで色ノリも良いなと思いました。色合いがこってり過ぎるのはモードがvividだったからかな…。このへん、ピクチャースタイルが多すぎてパッと取り出すのもおっくうになってしまうのはまだ慣れてないせいもあるかも。
あと起動してからファインダーに絵が出るまでがちょっと遅いですね。EVFだからしょうがないのかもしれませんが、「ファインダーはスイッチ入れなくてもレンズキャップ外してれば絵が出る」のに慣れてしまってると、ちょっといらっとします。これも慣れかも。

ともあれ、思った以上によく撮れるし面白いと思ってます。
タグ:機材 om-d
posted by カフN at 23:47| Comment(0) | 日常・その他

2012年01月29日

準備完了

友人Pack氏にまた来訪を請い、パッケージの切り出しやら組立を一気に終わらせました('A`;)。
items.jpg

倫ちゃんの箱の方はクラフトロボで切り出していたので比較的サクサク進んだのですが…NASAちゃんの箱はカットから人力でやらないといけない状況だったんで、正直難物でした。合紙して厚みが増していることもあって、カットも大変だし組立も折るのが難しい。ロボも導入したので、次作る時は印刷面も薄くして、台紙もケント紙くらいにした方がよいかも。今までの経験から、トータルで0.4mm厚くらいだとロボのカットも可能だし人間が組立するにもラクで、強度も必要なレベルで出せる感じがします。
素人工作なので、所有しているツールやデバイス相応に勘案して素材は選ばないとダメ(´・ω・`)。

ともあれ、これで販売物の準備完了。WFまであと二週間ですがちょっと気が抜けそうです。
とりあえず、もう一つNASAちゃん組み立てようかと思ってパーツ洗浄までしました。手許に残してるのが日焼け肌版なので、普通の配色のやつもあった方がいいかと思いまして。

     %     %     %

昨日はちょっと遅い時間になったのでラーメン好きの氏と西葛西の八兵衛というラーメン屋に。
hachibee.jpg

あんまり事前に調べたりせず、「ああ、ここにもラーメン屋あったな」くらいの気持ちで試しに入ってみたのですが、濃厚つけめんが旨かったです。大盛にしてもお値段変わらず850円。つけ汁は濃密な味で、ぐつぐつと煮立てて出されます。インパクトのある登場でしたが、麺が冷たいのでこの季節だと丁度良い暖かさでガツガツ食べられるという趣向。このスタイルだと具が熱すぎるので、中盤以降でないと食べられないのがちょっと残念ではあるのですが。思わぬ満足感でした(´ω`)
posted by カフN at 16:22| Comment(0) | 日常・その他

2011年10月09日

コメント頂いていた皆様 すみませんでした(´・ω・`)

こっちのブログ、開設してからというもの、コメントを記入いただいたことがないなあ……と、ずーーーーーーーーーーっと思い込んでいました。
コメントもらったら通知を受けて、承認を経たら掲載される…という風に設定していたので、コメントいただけたらメールが来ると思ってたんですね。
で、本日、設定を再確認しましたらば、コメントもらったらメールが来るように設定はしてたんですけど、飛ばし先のメールアドレスを設定していませんでした!!(ノ∀`)アチャー

…コメントいただいた方々すみません。内容確認させていただいて、問題がないものは一律承認させていただきました。こんな失礼な状態でせっかくいただいてたコメントほったらかしにしてしまい申し訳ないです('A`)。

これからはコメント着いたらすぐにメールで確認できると思いますので、こまめにお返事していけるように頑張ります。
posted by カフN at 20:02| Comment(1) | 日常・その他

2010年09月26日

割とどうでもいい?

便宜上…[fg]だとMSM12Rのままにしておきますが、原型&ディーラー活動やってるときの読み名を「カフN」にします。これは今のmixiのニックネームと同じです。

オフ会の時とか実際に会った時に「『MSM12R』って何て読むんですか」とか訊かれても困るし(いや相手が一番困ってるんだよ('A`))、『MSM12R』は発声してコミュニケーションをする必要がない時の通り名…程度に思ってもらえればよいかと思いまして。
だいたいこれで呼びかける人は実際にはあんまりいなくて「れーしんぐさん」あるいは「かふさん」あるいは「(本名)さん」なもんですから。

でもって「れーしんぐさん」もまたディーラー活動だとちょっと違うんだろう、と(本人が)思うので、現状読みやすそうなのは「カフN」だろうと思います。
「N」は別に音にしなくていいので「かふ」でいいと思います。

…自分のことのくせに理屈っぽく馬鹿馬鹿しいですがそんな感じで(´ω`)
あ、もちろん、「えむえすえむさん」とか「えむえすえむじゅうにあーるさん」と呼ばれても反応するようにしますので。でもたぶん言う方がめんどくさいと思います。
posted by カフN at 12:57| Comment(0) | 日常・その他

2009年07月01日

テスト

始めてみます。
posted by カフN at 21:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日常・その他