2016年07月18日

西住まほ(私服)

ということでようやくですがワンフェス[夏]の新作です。背景もへったくれもない画像で恐縮です。準備が一段落したらちゃんと撮りたいです('A`;)
x16-099.jpg
西住まほの私服姿。犬(名前不明)も写真の通り付けます。リードは0.8ミリ径のカラー針金を付けています。他、瞳デカール、手提げのクマさんマークもデカールにしてあります。

去年11月下旬に劇場版が公開されてから、周囲で話題にはなってたもののなかなか映画館へ足を運ぶ機会がなくて、初見は12月中旬でした。最初は詰め込み過ぎなほどのドンパチに圧倒されて、終わったときは感動と言うより安堵の大きな溜め息でした。「面白いな」とは思ったんですが、正直なところ戦闘シーンなど誰がどうなってどうしたのかイマイチ分からなくって、年末に一回、年開けてから二回ほど見てようやくいろいろ把握しました(を。ストーリーがどうこうというより、この作品はもう「アトラクション」みたいなもんですから、時々映像と音響を楽しみたくなって劇場へ向かってしまう。そんな佳い作品ですね。
ここまで劇場に繰り返し行った作品というのは自分でも経験がなくて、これはハマっているのだろう。ならば造型でこの「祭り」に参加してみたいなあと考えながら見るようになってました。あれよあれよという間にTV版の円盤も全部買ってしまってました(´・ω・`)。
ただ、そうは言っても作品的には数年前のものですし、造型的なアプローチも様々なスケール、さまざまなシチュエーションで多くの方が手掛けてます。誰を作ろうか、どんなのを作ろうか…と思っているうちに、気に入った劇場版のこの場面を作ってみようと思い至りました。
自分はけっこう非戦闘の場面も好きで、劇場版のみほの里帰りシーンは動きや台詞は少ないですけど、何度でも見入ってしまいます。ぎこちない、しかし確かな優しさのある、いびつな家族の愛情のカタチ。このシーンもまほ姉は大げさに喜ぶ訳でもなく、改めて円盤で静止画を見ても微笑んでいるかどうかも分からない、無愛想な感じすらするのですけど。傍らの犬はもう正直丸出しに喜んでるんですよね。まほ姉の代わりに全身で「おかえり」と迎え入れてる感じです。まほ姉単体だと絵にも造型にもしづらいですが、この犬が加わると実に味わい深い。これを作ってみたいなあと思うようになりました。普段は凛々しく毅然とした様子の人が、休日だとこんなに普通の(というか服にはたいして興味なさそうな)格好で犬の世話もするんだなあ…というギャップもポイント高かったです。

造型的な課題も常に持つようにしてますが、今回は「犬」と「立ち姿」でした。犬は作ったことがない題材でした。映像から見ても「これどんな犬種だろう」と分からなくて、画像検索の中でそれらしいのを見繕いながら模索したんですが、最初は柴犬と秋田犬の区別がつかないような無知で('A`; 大きさもよく分かって無くて、最初はすごく大きく作ったりしてました。試行錯誤でとにかく納得いかなくて、春が過ぎるくらいまで犬にずっとかかずらってた気がします。

「立ち姿」の方は、今まで座ったり身体をひねったり屈めたり反らしたりというポーズで造型をしたことはありますが、ほんとの突っ立ちってのは作ったことがないなあと思いまして。まあ見栄えが悪いから真っ先に除外するポーズではあるのですが、このシーンでは逆に「自然な突っ立ち」じゃないと逆に作品にならない。それで人が欲しがるようなものが作れるか、というのはハードルが高いように思えたのですが…、だからこそやってみよう、という気になりました。イメージとしては以前榎木さんが手掛けられた風香の立ちフィギュアがあって、服のしわとか肉付きで「あ、これいいな」と素直に思えたもんですから。あらためて私服のまほ姉見ても胸がすっごいなーとかはありましたので、映像の「解釈」の範疇でそれなりによく出来るんじゃないかな? という目算はありました。
なかったのは自分の技倆ですね(´・ω・`)。原型終盤になって改めて作ったものを眺めてみると「違うなあ…('A`)」の繰り返し。そもそもシンメトリーすら満足に出せてないし。直すうちにだんだん悪くなっていったような気さえしてきて、かといって戻ることもできず直し続けて時間がなくなった感じがします。
白いジグゾーパズルが難易度高いように、自然な立ち姿というのも大変な難易度ですね('A`)。分かってはいたつもりですが…。結局時間切れでなんとか複製→サンプル作成まで漕ぎ着けましたが、細かい部分が粗いままでなんとも心苦しいところはあります。とはいえ、雰囲気としては自分なりに咀嚼して何とか表現はできたかな、とも思います。まほ姉は一見無愛想ですが角度とか光の入り具合では微笑んでいるかにも見えるように、とか仏像的な(´・ω・`)見る人の心を映すようなというかですね。いやそんな大仰なものではないか。

とまあ、造型を造型以外で語るのは見苦しいかもしれませんが、これもまたすぐ忘れそうなことではあるので当人の当時の考えとして書き記しておきます。
posted by カフN at 23:26| Comment(0) | 西住まほ

WF2016[夏]の販売予定品について

さてワンフェスまで残り一週間を切って未だに新作の写真ひとつブログに載せられていない緊急事態ですが('A`;)とりあえずツイッターと同様のレベルの告知だけでもしておきます。
ディーラー「はこむす」は卓番号「5-06-15」です。新作は「ガールズ&パンツァー劇場版」より「西住まほ(私服)」を作りました。スケールは約1/8、と言っていますが高さにしておよそ180mmなので実質1/9程度ですね('A`)。毎度のことながら1/8を目指してちょっと小さくなってしまう手癖があります。お値段8,000円。
wf2016s_PR_1.jpg
パッケージ画像じゃん!( ゚д゚) といいますのも、PR作った時点でまだサンプルに色が乗せ切れていないという事態でして('A`;)。後ほど色を乗せた状態で写真うpします。

そして再販は「さよなら絶望先生」よりウチの人気の二点、倫ちゃんと小森ちゃんを。
wf2016s_PR_2.jpg
これまたいつも通り…の、つもりだったんですが('A`。今回、ちょっと絶望少女用の箱材料を切らしてしまいまして、通常の? ビニール袋での販売となります(箱が付きません)。その他の内容物は今までと全く同じですので組み立てには何ら支障ないと思いますが、その旨ご了承ください。当日もこの内容は貼り紙しとくと思います。数は極少数です。だんだんと型がキツくなってきたので小森ちゃんはそろそろ限界です…。
艦これアイテムは今回ありません。次また何かやるかもしれないですけども。
とまあ、こんな感じで、よろしくお願いいたします。
posted by カフN at 21:57| Comment(0) | イベント情報

2016年07月03日

WF2016[夏]参加予定情報

もう夏WFがあと三週間ほどでやってくるという状況なんですが('A`)未だに量産用の型を作ってる最中です。
いつもだと、まあそんなに遅くない感覚なんですが…今年は7/24開催なんですよね。カレンダーと予定を合わせ初めてから、どうしても一週間足りなくて狼狽えてしまいました。実質的に普段より一週間前倒しで開催されてる感じです。

販売予定のアイテムはいずれも許諾をもらえています。新作は「ガルパン劇場版」よりまほ姉(私服)&犬。再販で、「さよなら絶望先生」より倫ちゃんと小森ちゃん。毎回細々ながら再販を続けて、毎回なくなってくれるので、継続して販売予定です。
(あ、そういえば久米田先生の今やってる「かくしごと」はいい感じに久米田節で面白いですね。続きが気になります)

写真は…fixiaなどではうpしてますが、正直どう撮っても自分の中でイマイチ感が拭い得ないという(´・ω・`)。元々、ぱっと見で映えるポーズではないのが、自分の拙い造型ですとさらに映えなくなるようで…('A`;)
素朴な立ち姿でも見栄えする造型にされる方もいらっしゃるし、修行のつもりでこの半年近く挑んできたんですけども。なかなかつらいもんがあります。残り時間がすくないですが、なんとかまとめ上げたいと思います。
posted by カフN at 15:19| Comment(1) | イベント情報

2016年02月07日

WF2016[冬]終了しました

参加された皆様おつかれさまでした(´ω`)ノ 購入して下さった方々どうもありがとうございます。

_DSC3284+.jpg
posted by カフN at 23:59| Comment(0) | イベント情報

2016年01月28日

WonderFestival2016[冬]参加情報!

ちょっと遅くなりましたが、ワンフェス参加情報の告知となります。PC版ブログにはイベント終了までブログ先頭に掲載しておりますが、スマホ用レイアウトでは表示されないようなので(´・ω・`)

ディーラー名「はこむす」 卓番号[5-19-02]です。
北上さんhakomusu_014.jpg しおいhakomusu_012_2.jp

カエレhakomusu_013.jpg 倫hakomusu_005.jpg 小森ちゃんhakomusu_006.jpg

《販売予定アイテム》
「艦隊これくしょん 〜艦これ」より:
新作!北上改二(艦隊これくしょん 〜艦これ) …9,000円
新作扱い!伊401改(艦隊これくしょん 〜艦これ) …9,000円
「さよなら絶望先生」より:
再販…「あんまりジロジロ見てると訴えるよ」(木村カエレ)…7,000円
   「あなかしこ絶倫先生」(糸色 倫)…7,000円
   「薄めの夏」(小森 霧)…7,000円

北上さん、しおいちゃんは1/12スケール。カエレ、倫ちゃん小森ちゃん共に1/8スケール。
詳細は各リンク先の作品ページもご覧下さい。
 
     %     %     %

ということで、よろしくお願いします。
って北上さんのページは今日くらいに終わらせるようにします(まだできてない)。夏に作成サボってた二作品をまず作らなきゃ、でここ数日かけてしまいました。思った以上のロス('A`)。情報的には鮮度が古いですが、記録と蓄積という意味では意義のあることだと思うので一応きちんとしておきたいなと(´・ω・`)。
各アイテム販売価格はちょっとずつ上がってる面もあります。原材料の上昇とか、消費税の増税分、業者さんに頼んだことによる原価の嵩ましなど。特に艦これシリーズは、今まで8,000円できましたがいろいろあって9,000円とさせていただいております。あまり量産効果が見込めない昨今ガレキの事情というところです…。
posted by カフN at 07:43| Comment(0) | イベント情報

2016年01月11日

水の表現について

現在作成中の北上さんですが、販促を企図してより一層魅力を引き立てるため(動機があざとい)久し振りに水面表現をやってみます。ついでに、過去自分の作例が一般向けに公開しづらいという事情もあるので(を 今回改めて技術関係記事としてエントリします。

ベースの工作とフィギュアや小物の彩色が済んだことが前提になりますが、水面を作ります。
基本的に考え方は、WLや海のダイオラマを作るのと同じなので、それが参考になります。ベースとなる透明素材は、メーカー製の波打ち塩ビ板やアクリル板、エポキシ樹脂、シリコーンゴムなど今日では多くの選択肢があるので、水深やイメージする水の透明度、彩色のしやすさ等々を根拠に選ぶことになります。
今回は透明シリコーンゴムを選びました。ただし情景用ではなく、型取り用のボークスのものです。過去に使ったことがあったのと、適度に濁る半透明さが軍港の埠頭あたりの水っぽさに近いんじゃないかな? と。

まずはベースを0.2mm透明プラ板で囲います。ここはきっちりシールして、シリコーンがだばぁしないように配慮が必要です。
x14-064.jpg
ベースと透明プラ板が接する箇所は、ワセリン系のクリームでシールし、外側は念入りにマスキングテープでシールします。シリコーンを注ぐ内側は、アルコール系のウェットティッシュでしっかり脱脂します(ピンセットなどを用いて底の方も注意深く…)。
今回、フィギュアの足が水面に触れている状態まで水面を上げるつもりなので、フィギュアもマスキングテープで固定することになります。一度位置を決めたら動かせませんのである程度の覚悟は必要です(´・ω・`)。

準備と覚悟が決まったら、シリコーンを攪拌・脱泡の上注ぎ込みます。この時硬化剤の方にクレオスのラッカー(クリアグリーン)を入れ、染み出した染料の緑色で着色しておきます(ラッカー塗料自体は混ざらず、ねっとりとゲル状態のまま沈殿するので、攪拌棒で攪拌しながら巻き取りすくい取る)。これをやっておくとただの乳白色より海水っぽく見えて来ます。
x14-058.jpg
んー。正直、もうちょっと透明度あるとよいかなと思ったのですが、それは水深の取り方にも問題ありそうです。この構図なら、高さは2cmほどで良かったはずなんですが、座っている場所を高めに設定したがために6cmほど注いでますから。透明度の調整はなかなか難しそうです。意図的に簡単に変える方法があるとよいのですが。
ま、あ、今回は行きがかり上このまま行きます。
硬化には24時間ほどかかると公称されているシリコーンですが、室温24度ほどに保った場所で12時間超でプラ板は外せるくらいの硬度になっていました。

次は水面の表情付けです。これ以降の作業はもっぱらアクリル絵の具系の材料です。水溶性があってさまざまな粘度があり、透明な素材が多いのでウォーターラインモデルの情景でもよく使われていますね。
まずはデンスジェルメディウムで、波っぽさを付けます。
x14-059.jpg
ヘラで打ち寄せる波を作って見たり、波打ち際の小さな波は爪楊枝でつついてみたりです。厚く盛り足すと硬化に時間かかるんですが、完全に硬化するとこれが透明になります。
透明になってしまうと付けた表情が見えにくく、白波っぽさもなくなってしまうので、上からアクリル絵の具の白にグロスメディウムやジェルメディウムを加えて透明度を上げた白を筆で重ね塗りします。
x14-062.jpg
まあ、波っぽく…見えなくもないかと(´ω`;)
自分でイメージを決めて、やりすぎない程度に重ねていくのがよいと思います。白は本来不透明色なので、メディウム分が少ないとけっこうウソくさい隆起になってしまいます('A`;)加減は大事かと思いました。

ここまでは情景作りでもよく見られるやり方ですが、今回、北上さまの振り上げた足で飛沫を上げておきたいというイメージがありますので、飛沫を作ります。
シリコーンの板に、クリアタルゲルを出して爪楊枝で飛沫っぽく形状を作ります。
x14-061.jpg
クリアタルゲルは硬化前は白濁色ですが、硬化するとこれまた完全に透明になります。この膜は木工用ボンドを剥がしたアレに似ていますが、透明度は比べものにならないくらいこちらが上です。
それを、ほどよく足周りに付けてやります。接着はデンスジェルメディウムで大丈夫です。しくじってもはがせますし(´ω`)。
うまくイメージ通りの飛沫を作るのにコツが要りますけど、このへんは試行錯誤でなんとかしていきます。やりすぎないことも大事ですね。うまく効果が出せると、嬉しくなってこのへんはついやりすぎてしまいがちです。

そうしてざっと水表現を仕上げて見たのがこちらです。
x14-063.jpg
なかなかイイ感じです(´ω`)久しぶりにやりましたけど、やっぱり水は動きがうまく付けて表現出せると嬉しくなりますね。
posted by カフN at 14:00| Comment(2) | 技術関係

2016年01月10日

北上さんの彩色

ベースの目途がいったん付いたと判断して、北上さま本体の彩色も進めます。ちょっと気持ちペース早めなのは、あらかた色を塗った後、水面を作る必要があるからです。厚盛りで水性素材を使うことになりそうなので、硬化時間や失敗したときのやり直し時間など考えると、今回は早め早めに完成品を済ませていった方がよさそう…。
x14-052.jpg
だいぶイメージ通りにできました(´ω`)。この写真では全体的にスミイレがまだですが。制服の色が微妙な組み合わせで、どう調色しようかなと思ってたんですが、試してみると零戦カラーがけっこうハマりました。クリーム色っぽいところは、ガイアの灰緑色ベースに黄色と白を少々追加。緑色部分は深緑色を載せた後、三菱機のコクピット色でよい感じになります。目は、今回もデカールです。データ作成の後こーほくさんに頼んでMDプリンタで出力してもらいました。今回のデカールは白目も印刷していますので、マスキングがいっさい不要になりました!
なんとなくゆるふわ系の北上さまっぽくなったのではないかと(´ω`)
艤装は、船底を艦底色+あずき色、本隊は軍艦色で塗ります。まあ普通に。そして全体的にスミイレを。
今回はクレオスのMr.ウェザリングカラーを使いました。正直エナメルでいいじゃん…とずっと思ってたんですが、使って見るとジャブジャブ使えるのはいいですね。あと匂いがまったくといっていいほどありません。扱いやすいですが、ビン一本一本がやたら大きいので、タミヤのエナメル塗料サイズで全色セットみたいなのがあると大変嬉しいのではと思いました。普及させるには昔のパクトラタミヤみたいなセット売りも必要なのではないでしょうか…。肌のスミイレにはラストオレンジとサンディウォッシュを適当に混ぜるとよい感じしました。
x14-056_2.jpg
これでパーツ類はあらかた塗装が終わった状態です。格好が小破以上中破未満という感じなので、もう少し汚しは入れるつもりです。汚しはパステルや水彩色鉛筆でちゃちゃっとやります。
posted by カフN at 11:39| Comment(1) | 北上さま

2015年12月29日

ベースを作ります

北上さんとしおいちゃん、サンプルが業者さんの方から送られてきました。忙しい中でも早い(・∀・)今回も大阪の喜久屋さんに頼んでおります。
北上さんの仮組をざざっとやってみますと:
x14-030.jpg
このベースのL字パーツもキットには付属します。一番下の木製ベースは自己調達でお願いします。
ちなみに商品名は「カワイのホームクラフト飾り台P-14」というやつです。検索すれば各ホビー通販やボークスで取り扱ってるのが分かります。大きさ的に好みなのと、ちょっと手を加えると木目も美しい高級感が出せるのでよい品です。男子ならば中学あたりで木工やると思うんですが、砥の粉とサンドペーパー、ステイン(着色剤)にニス。
特にステインやニスは、以前は油性じゃないとなかなか…という材料でしたが、最近は水性でも実にいい案配です。
この写真のベース、どちらも水性を使っています。ニスの方は「アサヒペン つや出しニススプレー」です。
ほんとにいいツヤでますよ(´ω`)。

…さて。この北上さんが座ってるベース、作ってる途中からよく人に訊かれました。「なんですかこれ」とか「裏側はどうすんですか(´・ω・`)」とか。
個人的には岸壁というイメージでして、ほんとは半円柱の状態でキットに付けたいくらいだったのですが、流石に容積がひどくかさばりそうでしたので、こうなった次第です。結果的にショボい板状のパーツ二つが付くだけなんですが、まあこれを使って各自ベースを頑張ってもらいたいということになります(を
まずは自分でイメージ通りに作れるか、やってみます。どうせ展示見本を作らねばなりませんし。
x14-032.jpg
まずはパーツ自体をL字に組み立てて、半円になる部分はタミヤの5mmスチレンボードで適当に壁を作ります。
ムクにするよりはこの方が軽いし材料使わずに済みますし。
スチレンボードは低発泡のスチロール樹脂なので、カッターで簡単にカットできて容積も稼げるので、ダイオラマ作成にはスタイロフォーム同様に重宝しますね。この作例では、曲面を作るために1cm間隔で切れ込みを入れて、パーツの円周に沿うようにしてあります。

で、これを土台として、ポリパテやら粘度を盛り足して、表面を磨いて滑らかにします。
x14-042.jpg
ポリパテですが、120gチューブだと半分ほど余る感じでしょうか。左官屋さんのノリで盛り足していけばなんとでもなりましょう。コンクリっぽい気泡も所々に入って岸壁素材っぽくなります(を
ボクは、この曲面部分にはこれを貼りました。
x14-043.jpg
ビッグウィル社の「樹のシート」。木を薄くスライスしたシートで、裏には粘着剤が付いていますので簡単に貼れます。これで木目のある高級感を醸し出せるというもの。ハンズの木工エリアとかアマゾンで売られてます。
木目にしたのは、一番下のベースが木製だからという理由なので、他のチョイスであれば他のやりようもあるかと思います。貼った後は下のベースと同様にステインで色味を調整し、ニスを吹き付けます。

岸壁の方はフィギュア同様に彩色してゆく訳ですが
x14-036.jpg
干潮があるので色味を適当な高さで分けてやるとそれらしく見えるかな…と思ったんですが、正直これだけだとショボいので、もらった意見のうち「フジツボとか苔とか付けましょう」というのをやってみます。
タミヤパテを適当になすりつけ、半乾きのところで爪楊枝で小さな穴をたくさん付けてやるとなんとなくそんな感じに。後で、ハイライトにはつや消しホワイトを乗せてアクセントにします。
岸壁の下の方、木製ベースの面には、水面を擬してプラ板に深緑色やら青やらをブラシしてそれっぽく。
x14-041.jpg x14-040.jpg
ざっとこんな感じになりました。
後で情景素材の苔っぽいやつとか軽く使って見ようかなと思いますが、今の段階でもなんとなく岸壁っぽく見えるかなと思います(`・ω・´) つや消しクリアー(ないしはマットメディウム系)に粉っぽい粉末を混ぜて、テクスチャをアクセントに入れるのもアリかと。
フィギュア本体が塗り終わったら、水面も作りたいと思います。
posted by カフN at 17:20| Comment(0) | 北上さま

2015年12月13日

北上さんの今

で、新作の北上さま。敢えて立体の少ない「改二」にした訳ですが、当人的にはけっこう気に入って作業してたんですが…どうも「写真を撮って見ればみるほど『前の方がよくね?』的な思いに囚われることが多くて結局写真がほとんどない」のです(´・ω・`)。
11月末に撮ったやつも、撮ってから足が長すぎるなあとか手が肩幅が等々気になるところばかり目に付いてしまい、けっこう大変なことになりました。ほんとは11月末で終わらせるつもりで、仕上げの段階で撮ったハズだったのに。それ見て修正始めてしまう悪循環。
「複製業者さんが埋まるのが早くなってる」という話も耳にしていましたし、どんなに遅くとも12月第一週、ないしは第二週のうちに出せないと断られる可能性もあるなあと、今回はほんとに焦りました。梱包途中でパーツを落として無くしかけたり、パーツを欠けさせて白目剝いたりもしました…。
それでも「本申請結果が出るまでは、まだなんとかなるかも」と思ってたんですが、今年はそれも早かった。結果が出た以上、待ち受けていた面々が業者さんに予約や発注を一気にかけるのも予想が付いたんで、絶望的な気持ちになりながら寝る時間削って作業に当ててました…。平日だんだんこういう作業を重ねるのがつらくなって来ましたです('A`)。歳か
11月末の写真がこれ。艤装は一通りあるんですが、この時期本申請以来特に手を付けてませんでした。
x14-021.jpg
今思えばこれはこれでアリな気がしますが、なんか、気に入らんかったんですよね(´・ω・`)
今は業者さんに出してしまい、原型手許にないのでまともに組み上がるかどうかも不安なんですが(を ま、まあ、寝ぼけていようと何だろうと自分のセンスを信じるしかないところです はい。

艤装の一部には例によって白船工房さんに発注をかけたパーツが付きます。そのテストショットなど組んでました。
x14-027.jpg
黒い方が紙厚0.25ミリ、グレーの方が0.35ミリ。もがみんやしおいちゃんに使ってたのは、組みやすさや強度を勘案して最適と思しきグレーの0.35でした。ただ、今回は21号電探や煙突のキャップなので、出来る限り薄さを求めて0.25ミリでいこうと思います。これで横幅約11ミリ。
一本一本の線の細さは写真よりも実物の方が感動します(゚∀゚)
posted by カフN at 21:26| Comment(0) | 北上さま

WF2016[冬]本申請結果出揃う

タイトルの通り、今冬は早くも? 冬ワンフェスの本申請結果が出揃いました。とくに艦これは去年に比べると二週間以上早かったように思います(確かクリスマス前くらいだった)。
一応、WF事務局が設定していた「本申請結果通知期限」が12/10でしたので、12/9に結果が来たのは見事なオンスケです。

はこむすでは2016年2月7日の「ワンダーフェスティバル2016 in Winter」において、以下の立体を販売予定です。
「艦これ」より:

・伊401改(しおいちゃん)
・北上改二

「さよなら絶望先生」より:
・あんまりジロジロ見てると訴えるよ(木村カエレ)
・あなかしこ絶倫先生(糸色 倫)
・薄めの夏(小森 霧)

の5アイテム。値段等は改めて告知入れます(申請価格はあるものの、最終確定は原価見合い…)。
艦これは、どちらも新作扱いになりますが、しおいちゃんの方は夏のキットに追加パーツを少々付けての改訂版。北上さんは完全新作となります。
絶望先生の方は、在庫がまだちょっとだけ残ってるカエレと、毎回ちょっとずつ出しては捌けてくれる倫ちゃんと霧ちゃんとで参加です。
posted by カフN at 18:16| Comment(0) | イベント情報